PSC

CONTACTCONTACT

PSC InsightPSCのカルチャーを伝えるWeb Magazine

社員の幸せを共に祝い、応援し続ける職場づくりに必要なこと

2019.08.06

人事グループでは、人事制度や福利厚生を通して社員が働きやすい環境になるよう様々な取組を実施しています。今回はその中でも産休・育休制度にフォーカスし、主幹となって取組んでいる菊池 りえに想いを聞きました。

「おかえり」「ただいま」が当たり前の職場になるように

私たちピーエスシーには、産休・育休を取得した社員が復職しやすい環境にするため、小学校就学までの時短勤務の他、一人ひとりの復帰状況を考慮した支援制度があります。労働基準法に則った制度だけではどうしても社員の悩みに応えきることができず、人事グループでは多くの支援制度を社員の声をもとに考案し制度化を進めています。

 現在、産休育休制度利用社員の復帰率100%を目指し、復帰サポート体制の強化をしています。例えば、家庭の事情で復帰が難しい社員に関しては、お子様の預け先を一緒に探し提案したり、所属部門と相談して育休期間の延長を調整したりなど、様々な悩みを抱える社員の声にフレキシブルな対応ができるよう心掛けています。

お子様の育児事情が理由となって社会復帰ができない、というのはご本人が望まないことだと思います。社員と共に考えることで誰もがストレスなく復帰できるように制度を充実させていきたいと思っています。

制度を利用し復職をした社員から、「家にいると子供としか話すことがなくなっちゃうから、同じ世代の意見や社会の動きを見るためにも復職を決めてよかったです。」という声をいただきます。ですから、できる限り復職していただくことで仕事と育児のワークライフバランスをとっていただきたいと考えています。

育児は家族みんなでしていただきたい

ピーエスシーでは女性社員の育休取得率は100%ですが、男性社員の取得率はまだまだ少ない状況です。育児は家族みんなでするものですから、男性社員の皆さんにも積極的に取得して欲しいと考えています。

育児休暇を取得するとなると何か月も休まなければならないのではないかと悩む社員もいるかと思います。
実は1日でも1週間でも取得することができます、特に男性社員にはこのことを認知していただき、育児に対する理解を深め、奥さんをフォローするためにもぜひ制度を使っていただきたいと思います。

また、誰かが産休・育休を取得することで他の社員の負担が増えてしまったり、そのことが気がかりで制度利用がし辛くなってしまうのはよくないことです。そのため、制度利用社員がいることを見込んだ体制を作っておくこと、そして常日頃から業務効率化に取り組んでおくことが重要です。

人事グループとしては、これまでの制度利用者データから各部門で必要となる準備について支援を行っていきます。会社全体で取得しやすい環境づくりを強化していきたいと考えています。

ピーエスシーでは一緒に働く新卒 / 中途社員を募集しています。採用情報をご確認の上、エントリーをお願いします。
PageTop