PSC

CONTACTCONTACT

PSC InsightPSCのカルチャーを伝えるWeb Magazine

「お客様とのかかわりが私の世界観を変えた」エンジニアから営業職に転身した社員の未来

2019.07.15

都内の情報理工学部を卒業。どうしてもIT業界でキャリアを積んでいきたいと新卒でピーエスシーに入社した営業本部 牧野 将之は、営業に異動してきて今年で3年目を迎える。
Outsourcing事業部、NT事業部を経て現在営業部門に所属する牧野は、自身のキャリアをどう考えているのか、今後の目標も含めお聞きしました。

一番やりたくなかった仕事が
一番やりがいのある仕事になった。

正直なところ数字とか扱うのがあまり好きではないし、人とコミュニケーションをとるのもそれほどに好きなほうではなかったです。
ただ現場でリーダーをしていた時に、あれも提案できればいいのに、これも提案できればいいのにと思うことが多々ありまして。だから今までしたかった提案が営業になればできるのではないかという思いと、“コンサルタント”という言葉の響きが良くて、思い切って営業部門に異動を希望しました。

現場から営業部門に異動して一番良かったと感じたことは世界感が変わったことです。現場では現場で扱う技術領域さえ知っていれば仕事が回る、営業になると現場を含めてより広い視野を持たないとお客様に満足いただける提案ができない、それこそ経済情勢や社会情勢を知る必要があるので、見ている景色が一変しました。
これからも営業部門で経験を積み、お客様に寄り添っていきたいと思っています。

寄り添い続けるために知識と経験を積む

お客様とのやりとりの中で大切にしていることはまずは私牧野を売り込むことです。ネットでは知ることが出来ないお客様の興味を会話で知り、日ごろからアンテナを立て収集してきた社会問題やトレンド情報から牧野の言葉にしてお客様と会話をする、こうして自分自身に興味を持ってもらえるように常に心掛けています。

いま課題と感じていることは、日々ものすごいスピードで更新されていくIT業界の技術動向をいかに早く的確につかんでいくこと、それと6つある自社サービスの理解をもっと深め自分の中で更新していくことです。前者については、新聞や雑誌、インターネット、セミナーなどの媒体を通じて情報収集し、会話の話題づくりに努めています。後者については、営業部門の若手を中心に定期的に集まり、サービスに熟知したメンバーが主体となって、自主勉強会を実施しています。

営業もチームの結束力が必要

自分が今後成長していく上で必要なものは何かと問われると、今あるチームだと思います。
様々な業界の経済動向や経営者の課題、技術動向など、営業活動にかかわる情報を全て一人で網羅することはやはり難しいです。チームがあって、チームのメンバーそれぞれが異なる視点で情報を持ち寄り、このお客様にはこうした視点でこれを提案すべきだと議論し提案することで、お客様にも喜んで聞いていただける。同時に自分に何が不足しているか考えを直させてくれることもあるのでチームには本当に感謝しています。

営業部門の評価はどうしても数字になってしまいますが、私は提案のプロセスを楽しむように心がけています。お客様がどうすれば喜んでくれるのか、これさえぶれなければ数字はついてきます。
入社して3年間は2つの事業部門にいましたが事業部門にいたからこそ今良かったと言える点も多くキャリアルートに恵まれました。私としては今のコンサルティング営業職は天職であると感じています。これからも多くのことに挑戦し、学び、チームと共に成長し続けていきたいです。

ピーエスシーでは一緒に働く新卒 / 中途社員を募集しています。採用情報をご確認の上、エントリーをお願いします。
PageTop