PSC

CONTACTCONTACT

PSC InsightPSCのカルチャーを伝えるWeb Magazine

デバイスマネジメント新時代

2019.10.28

パソコン、スマートフォン、タブレットを中心としたデバイス機器の管理を担当するマネジメントサービス。デバイス機器の設計・調達から運用・保守までを一気通貫して提供しているITマネジメント事業部 責任者 青木 勇に話を聞きました。

デバイス調達で大事なことは、実は価格ではなく運用設計

ITマネジメント事業部は、お客様のIT資産であるPCなどのデバイス調達から運用設計、導入、展開、運用、回収までのサービスを一気通貫して提供しています。

調達、導入というと多くの方が物販導入、キッティング作業を思い浮かべるかもしれません。しかしながら実はこの過程で最も重要なのは、導入前の運用設計、PCの原本となるマスター仕様策定作業です。
2020年1月にサポート終了が決定したWindows7のWindows10移行作業を例として挙げると、単純にWindows10対応のデバイスを選定し、お客様の希望する台数だけ導入、入れ替えをするのではなく、お客様が使用している周辺機器、インフラ環境、アプリケーション、導入ソフトへの影響を全て考慮し、最適な製品や仕様を設計する必要があります。

マスターとは、複数のPCを購入した後に行う初期設定やソフトのインストールを複製するためのベース・ひな形を指します。このマスターを作成するためには、クライアントOSの情報や、OSに導入するアプリケーション、サーバ、ネットワーク、様々な製品に精通する知識とそれらを設計構築した経験値、そしてマスターを複製する際に仕様するツールの知見が必要で、常に更新され続けるこれらの情報をキャッチアップしていかなければなりません。
こうして作られたマスターを複数のデバイスにコピー・複製していくことをクローニングと呼び、固有値の設定やOSに乗せるアプリケーションのインストール・設定までの一連の流れをキッティングと呼んでいます。

現在、某自動車メーカー様に15,000台におよぶキッティング作業を行っていますが、大きく4種類の個別設定が発生する作業になっています。そのため手作業で実機に設定していくと大幅な時間がかかり、ヒューマンエラーが発生しやすくなるため、量産時には自動化ツールを採用し、作業の効率化かつ作業ミスを削減に取り組んでいます。

キッティングで使用するツールはMicrosoft製品のMDT、SCCM、DISM、自動化スクリプトやGhostなど、お客様によって最適な製品を選定し採用するため、これらの製品に関する知識やスキルも必要となってきます。

ITマネジメント事業部では、手順書が読めるワーカークラス、作業内容を見て工数を算出できるリーダークラス、お客様環境を見て改善提案書の作成や要件定義が可能なアセスメントクラスと、社員を3階層に分けて教育を実施しています。
現在、数十名いる社員の中でも上流工程に携わることができるアセスメントクラスのメンバーはまだ5名と少ないため、より多くのお客様の声を応えていけるようにするためにはアセスメントクラスのメンバーを増やしていく必要があると考えています。今後はこれまで以上に教育に力を入れ、事業部全体のスキルの底上げを図っていくつもりです。

 

LCMもサブスクリプション型へ

導入・展開後のアフターフォローも大事です。ヘルプデスクによる運用サポートや不要になったデバイスを回収し、データ消去、リース返却・廃棄作業まで、最後まで面倒を見るのが私たちのサービスです。

東京都大田区平和島にある流通センター倉庫の一角から始めたキッティングサービスが、現在のライフサイクルマネジメントサービスとして回収・消去まで一気通貫して行うこととなったのは、2007年からお取引させていただいているJALインフォテック様から、機器調達、キッティング、導入・設置、回収・消去まで一貫してピーエスシーでやってくれないか、と言われたことがきっかけでした。当時は言葉もあまり聞かないライフサイクルマネジメントサービスのサブスクリプションモデルでした。


それまで情報システム部門がexcelで行っていた機器管理、機器調達などを、Web上で機器の申請・調達から上長承認、ベンダー発注、在庫管理まで統合管理できるCloudサービスPerfect Finderを開発導入し、現在では25万デバイスを管理しています。
Perfect Finderは、ユーザ、情報システム部門、ピーエスシー管理者などの関係者が、調達から回収までの進捗状況をひと目で確認することができ、全てのやり取りをWeb上で完結できることから、お客様の好きなタイミングで好きな台数だけデバイスを注文することが可能です。
また、調達後にアプリケーションやソフトの購入で悩んだ際には、ピーエスシー担当者がお客様の悩み解決へ導くなどサポート体制も整えています。

 

お客様にとっての
最善を探し出す

ライフサイクルマネジメントサービスを支えるツールとして始まったPerfect Finderですが、お客様が使い勝手のいいツールを目指し、お客様のご要望も取り入れたカスタマイズも日々行っています。

例えば、初期に導入した某大手ゲーム会社様には通常のPerfect Finder機能に加え、コミュニティサイトをカスタマイズ。某自動車会社様には作業の進捗をWeb上で追えるような追加設定。某医薬品会社様にはユーザアカウントの期間限定追加機能。お客様のご要望に合わせてカスタマイズしてきた実績が豊富にあります。

導入当初はバグが発生したりとトラブルに見舞われ苦労もしましたが、こうした過去の苦い経験があったからこそシステムの改善に繋げることができました。

今後はPerfect Finder導入をきっかけに、より多くのお客様と接点を持つことでお客様の定常業務にかかる負荷を削減し、戦略的なIT投資へのサポートへつなげたいと考えています。

ピーエスシーでは一緒に働く新卒 / 中途社員を募集しています。採用情報をご確認の上、エントリーをお願いします。
PageTop