PSC

CONTACTCONTACT

PSC InsightPSCのカルチャーを伝えるWeb Magazine

機械には代替できない人的魅力でイノベーションと付加価値を作り出す

2019.08.05

社会が直面する高齢化、人口減少、インフラの老朽化などの社会問題を解決するためには、人工知能をはじめとしたテクノロジーと社会の仕組みを連動していく必要があると言われています。ピーエスシーの財務経理/人事労務/採用/総務/法務部門を担当するバックオフィスはこの変化にどう対応していくのか。

共感は人にしか生み出せない

管掌役員:
バックオフィスは事務作業が多いので、近い将来多くの業務がAIやRPAの導入により自動化されていくでしょう。そんな状況下のもと、付加価値を作り出しイノベーションを起こすためには何が必要だと思いますか。

財務担当:
企業理念を通し、組織の思いを伝え、行動をもってお客様に寄り添い続けることは人にしかできないと思っています。
AIは正しいことや間違っていることを学習することで正確性や精度を高めていきます。しかし、白紙の状態からアイデアを考えたり、共感や傾聴することはできません。単純作業に対する正確さやスピードはAIには勝てませんから、私たちが必要なことはそれ以上に人にしかできないこととは何か、考え、追及し続けていくことではないでしょうか。

採用担当:
採用活動をする中で学生と接する機会が2種類あります。1つは面接や電話を通し、直接的に接触する機会、2つ目はメールや媒体を通して間接的に接触する機会です。もし、会社説明会をロボットが開催したらどうでしょうか。いくら優秀なAIを搭載したロボットが学生に対して笑顔で対応しても、感情的な部分に訴えることは難しいと思います。言い換えれば、感情が必要な面接や説明会などは人が行い、応募者管理やスケジュール管理などの事務作業を機械が行えば、採用とAIが共存できるのではないでしょうか。

ピーエスシーでは一緒に働く新卒 / 中途社員を募集しています。採用情報をご確認の上、エントリーをお願いします。
PageTop