PSC

CONTACTCONTACT

PSC InsightPSCのカルチャーを伝えるWeb Magazine

業務効率を向上し、メリハリをつけるためには

2019.08.02

人事グループでは、人事制度や福利厚生を通して社員が働きやすい環境になるよう様々な取組を実施しています。今回はその中でも有給休暇にフォーカスし、主幹となって取組んでいる菊池 りえに想いを聞きました。

短い時間で高いパフォーマンスを

ピーエスシー人事グループでは、有給休暇取得率目標として年間70%を目指しています。つまり付与される休暇日数の7割を最低でも使っていただきたいと考えています。本来、有給休暇は、業務を気にすることなく、傷病にも関係なく、取っていただくものです。
日ごろ忙しい日常の中、一息ついていただく。有給休暇を使い、しっかりとココロとカラダを休めていただき英気を養って、翌日から業務に励んでいただけるように用意されているものです。
計画的に休暇を取得することは、一度立ち止まって自身の業務をチェックする良いきっかけにもなりますので、人事グループとしては社員全員に積極的に取得していただきたいと考えています。

せっかく有給休暇をとったけども何をやればよいのかが分からないという声も社員から聞きます。
そんな社員に休暇を充実していただくために、当社では東急ハーヴェストクラブの特別宿泊プランや、Drストレッチの割引制度、各種サークル活動の運営支援、など多くの材料を用意しています。ワークライフバランスを保ち、メリハリをつけて業務をしていただく手段としてぜひ活用していただきたいと思っています。

本来、休むための有給休暇制度

よく有給休暇の買取りはできないのかという質問をいただくことがあります。しかしながら有給休暇はお金にするために提供しているものではありません。本来、心身共に休み英気を養っていただくためにこれだけの日数は必要ではないかという考えのもと提供しているものです。ですから当年付与された有給休暇日数はその100%を当年内に計画的に取得していただくことが理想です。

プロジェクトの関係上、その取得が難しい社員の皆さんもいると思います。しかしながらその状況を続ける限り会社に成長はありません。今後、人事グループとしては各事業部門を導く形で社員の皆さんが気兼ねなく休める環境づくりに努めたいと考えています。

ピーエスシーでは一緒に働く新卒 / 中途社員を募集しています。採用情報をご確認の上、エントリーをお願いします。
PageTop